TOP BRAND CONCEPT FEATURES TECHNOLOGY SPEC / CAD INTERVIEW EXRAIL BRAND CHARACTER EXHIBITION INFO

EXRAIL開発プロジェクトは、
工作機械メーカーへの地道なヒアリングから始まった。

菊池智彦

日本ベアリング株式会社
設計技術部課長補佐

菊池智彦

2009年12月、日本ベアリングに入社。(勤続約7年半)約35年間、製品開発に携わる。日本ベアリング入社前はAV機器の機構ユニットの開発、デジタルカメラの設計等を行ってきた。日本ベアリング入社後6年間は、自社製リニアモータの開発に携わり、2015年から新製品ローラーガイドEXRAILの開発を担当。約2年5ヶ月の期間を経て製品化を実現する。技術者としての心構えは、「自分の発想を信じ、チャレンジする」こと。

新時代の要求に応えるべく開発したローラーガイド「EXRAIL(エクスレール)」。その性能や特長、開発ストーリー、さらに、内外で高く評価される日本ベアリングならではのモノづくりについて、EXRAIL開発責任者である弊社設計技術部課長補佐・菊池智彦が熱く語ります。

Q1 EXRAILを開発するきっかけは?

社長からの「NBの顔となるようなローラーガイド製品を世に出したい」という想いを受け、少人数のプロジェクトチームを編成してスタートしました。弊社は直動のボールを使ったものは古くから作っていますが、ローラーをメインにしたガイド製品群が弱く、逆に今回のようなローラーガイドは他社が古くからやっていますので、社長はそこを強化していきたいとの想いがあったように思います。

Q2 ローラーガイドの市場の需要は?

そうですね。特に工作機械などに多く搭載されています。中に入っている転動体がボールかローラーかという違いなんですが、ローラーガイドはボールガイドに比べて大きな荷重を受けられる利点がありますので、そのような用途に使われます。ヨーロッパでは日本よりローラーガイドの採用率が高くなっています。

Q3 開発にあたってユーザー企業にヒアリングを行った理由とは?

具体的にどのような製品を目指すべきか、ローラーガイドの後発としてどのような製品が市場に受け入れられるのかをつかむため、メインユーザーと思われる工作機械メーカーを中心に十数社訪問し、ご意見、ご要望をお聞きしました。その中で、ガイドの動摩擦力はそれほど小さくなくていいけど、減衰性の高いものが欲しいとおっしゃるお客様もいれば、逆に駆動の動摩擦力が小さいものが欲しいというお客様もいらっしゃいました。

菊池智彦

Q4 ヒアリングを受け、開発方針はどのようなものになったのか?

高精度な工作機械に使用していただけるようにということが第一でした。それには、既存の他社製品と比較して性能面で優位な特長をもたせることが重要であると考え、特に、一般基準を上回る「高剛性」、運動時に波を打たずにいかに水平をキープできるかという「高運動精度」、工作機械に重要な「高減衰性」に着目した開発を進めることに決定しました。

Q5 ニードルローラーに着目したポイントとは?

特に、高剛性、高運動精度を実現するための方法を議論した結果、径が小さく長さを大きくしたニードルローラーを採用することに決定しました。EXRAILの一番小さい製品で、直径2ミリ、長さ8ミリのニードルローラーを使用するのですが、限られたスペースの中にたくさんのローラーを入れることで、ローラーひとつ一つが受ける荷重が分散され、弾性変形量が小さくなり剛性を高めることができました。また同じように転動体通過振動も小さくすることができ、高い運動精度が得られました。

Q6 製品化に至る過程で苦労したことは?

ローラーをできるだけ長く確保した循環路の設計が難しかったです。それと、ニードルローラーを保持するリテーナーの材質選定に苦労しました。無限に循環しますので、柔軟な屈曲性と切断に抗する強度も必要です。耐疲労性の高いステンレスの薄板(箔)を採用し、いろいろなグレードを試しましたが思わしくなく、樹脂フィルムで補強する方法に変更しました。リテーナーは試す素材や製品のサイズごとに金型を作り、それを耐久試験しますので時間と労力もかかりますし一番苦労しました。

Q7 最後に、EXRAIL開発責任者の立場からお客様へメッセージを。

今回のEXRAILは、弊社独自のニードルローラーの採用によって、他社よりもはるかに性能を上げることができたと自負しています。工作機械はどこまで精度の高い部品が作れるかが勝負なので、そういう意味では1個の部品の影響力は大きいと思います。そのためにも弊社のローラーガイドEXRAILは、高剛性、高運動精度、高減衰性の3大特長により、性能的に世の中に出ている製品よりも優れている点がありますので、工作機械をはじめ半導体製造装置などに採用していただければ、いままで限界だった部分の可能性が広がる、期待のできる製品だと思っています。

機能美は引き算から生まれる。
加えたのは先を行く技術のギャランティの証だけ。

渡辺弘明

株式会社プレーン
代表取締役

渡辺弘明

1960年福井県武生市生まれ。桑沢デザイン研究所リビングデザイン研究科卒業。(株)リコー、frogdesign japanを経て渡米、frogdesign california、zibaDESIGN勤務後1995年プレーン設立。30年間かたくなにプロダクトデザインに従事、ミニマルな造形を追求する。国内外50社以上、情報 機器、事務機器、音響機器、光学機器、医療機器、文具、雑貨等あらゆる分野の製品を手がける。2011年minimalifeを設立。製品企画から販売、 ブランディングに至るまで商品づくり全てに関わる。グッドデザイン賞、iF design award、Red Dot Awardなど受賞作品多数。2007年よりグッドデザイン賞審査委員。

数々の有名メーカーの製品開発に携わり、2代目以降のMacintoshのデザインで有名な米国フロッグデザインにも所属経験を持つ株式会社プレーンの代表取締役 渡辺弘明氏にEXRAILのデザインについて伺った。

Q1 EXRAILのデザインに携わったきっかけは?

日本ベアリングさんからプロダクトデザイナーを探しているとお話を受けたのがきっかけです。機械部品はデザインしたことはありませんが、ベアリングに限らずネジや歯車などプリミティブな物をコレクションしたこともあり以前から興味はありました。ベアリングはデザイナーが手を入れなくても非常に綺麗なプロダクトで、そういった物を見る度にその精緻さに感動を覚え、私の理念に近いプロダクトであり、機会があればデザインしてみたいと思っていました。

Q2 渡辺さんが考えるデザインのポリシーとは?

デザインは「装飾」という風に捉える人が多いですが、私はそうは思わなくてむしろ不必要なものをどんどん剥ぎ取っていく、何が重要なのか、何が必要なのかといったコンセプトだけ残して、それ以外はどんどん削ぎ取っていくことだと考えています。

Q3 はじめて製品を見たときの第一印象は?

特にデザイナーが手を入れる必要がないほど、非常に完成度が高い製品だと思いました。多少面を整理するぐらいで、あとは手をかけなくても強いポイントになるのは何かと考えました。ただ、日本ベアリングさんは外のデザイナーに依頼するのは初めてのこととお聞きし、デザイン=装飾と考えている会社であればうちは必要ないと思っていました。

渡辺弘明

Q4 EXRAILのデザイン開発にあたっての留意点は?

繰り返しになりますが、私がデザインをする以前からかなり完成度の高いものでした。ただ、この製品の素晴らしさをいかに伝えるかということは重要だと思いました。EXRAILに関しては他社製品に比べて非常に優れている面があります。内蔵されているニードルローラーによって性能を上げているのですが、内蔵されていて外から見えるものではないので、その性能をどう表現するか、日本ベアリングというブランドを如何に表現するかということを考えました。

Q5 EXRAILのデザイン・コンセプトとは?

日本ベアリングさんのコーポレートアイデンティティに、オレンジ、グリーン、ブルーの3色が使われています。オレンジには「活力」という意味合いがあり、シルバーと黒の筺体に一番インパクトがあるオレンジの「NB」ブランド・バッジをつけました。EXRAILは非常に高い性能が内蔵されていますが表面的には見えません。でも、日本ベアリングのエンジニアや製造に関わる方々は相当な誇りをもって作られていると思います。そういった誇りを表現したいと考えたのがこのオレンジのブランド・バッジで、それは同時に提供価値を約束する「品質の証」になります。このバッジがついていることで、作り手も、使い手も、すべてが誇りを持って使えるという証です。

Q6 製品化に向けて気を配った点は?

デザインが性能に悪影響を与えることはあってはいけないので、内部の作り方を考慮しながら考えて、バッジは後から付け足すのではなくパーツとパーツの間に挟み込むような形で提案しました。そうすることによって使っている間に外れることもありません。バッジは3面をとったL字型で、光の当たる加減で立体的に認識しやすく、対角線上の角の2箇所につけることで、どこからでも見えるようにしました。エンジニアの方が相当な年月を費やし、誇りを持って完成させたものです。だからフィニッシュとしてしっかり仕上げないと、という使命感を持って取組みました。

Q7 今回、日本ベアリングとお仕事をしていかがでしたか?

エンジニアの方の理解度が高く、コミュニケーションはうまく運びました。どのように作るかなどこちらの想いとほとんど差異がありませんでした。はじめてのクライアントさんとは行き違いもあるのですが、実現するのに難しくても、「やってみたい、チャレンジしたい」とお客様に言わせるように心がけています。